第2周期

希ガス

原子番号10:ネオン

原子番号10はネオン、元素記号はNeです。ネオンの名称はギリシャ語で「新しい」を意味する単語にちなんで命名されました。 窒素は常温常圧の状態で無色無臭の気体です。ネオンを液化するためには窒素よりも低温のマイナス246℃まで冷やさなければな...
卑金属元素

原子番号9:フッ素

原子番号9はフッ素、元素記号はFです。フッ素の名称はフッ素の化合物で融剤として使われていた蛍石にちなんでつけられました。 常温常圧の状態では淡い黄褐色をした気体で、塩素やきな臭いと言われるような独特の臭いと、とても強力な酸化力を持っているの...
卑金属元素

原子番号8:酸素

原子番号8は酸素、元素記号はOです。酸素という名称は、酸素が発見された時に酸素が「酸を生むもの」だと考えられていたため、ギリシャ語の「酸を生む」という言葉から名づけられています。 酸素は宇宙規模で見ると、水素・ヘリウムに次いで3番目に多い...
卑金属元素

原子番号7:窒素

原子番号7は窒素、元素記号はNです。地球を覆っている大気の中の成分のうち約78%が窒素です。窒素の中に生物を入れると、窒息して死んでしまいます。そのことからドイツ語で「窒息させる物質」という呼ばれ方をし、それを略して日本語でも「窒素」という...
卑金属元素

原子番号6:炭素

原子番号6は炭素、元素記号はCです。現在ではダイヤモンドも石炭も同じ炭素からできていることが知られていますが、このことが分かったのは18世紀の終わりころです。 宇宙規模で見ると、炭素は元素の中でも6番目に多く存在していることがわかっていま...
半金属

原子番号5:ホウ素

原子番号5はホウ素、元素記号はBです。ホウ砂に含まれていたことから発見されたため、アラビア語の「ホウ砂」を意味する「ブラーク」という言葉から命名されました。ホウ砂自体は「白い」という単語にちなんでつけられていますが、ホウ素は単体の状態では黒...
アルカリ土類金属

原子番号4:ベリリウム

原子番号4はベリリウム、元素記号はBeです。ベリリウムの化合物には甘みがあることからギリシア語で「甘さ」を表すグルシニウム(元素記号はGl)と名付けられていましたが、のちに「緑柱石」に由来した現在のベリリウムという名称に変更されています。 ...
アルカリ金属

原子番号3:リチウム

原子番号3はリチウム、元素記号はLiです。「リチウム」という名称は、鉱石の中から発見されたことにちなんで、ギリシア語の「石」を意味するlithosから発見者のイェンス・ベルセリウスが名づけました。 リチウムが発見されるまでに見つかっていた...